税理士の変更をお考えの方へ

税理士の変更をお考えの方へ、一般的な多くの会計事務所のサービスは月々の試算表を作成して、決算時に税金を計算する税務申告がメインとなります。

当事務所では、月次決算や現場でのヒアリングに重点を置き、キャッシュフローを含めた経営の施策をご提案します。

会社の経営数字から将来の経営の計画に合わせて、融資・資金調達の対策、高収益事業への収益性の改善策、事業の成長戦略の策定、会社にとって最適な課題の解決方法を経営者の方々とご一緒に考えながら導き出していきます。

税務処理だけではなく、「会社の成長拡大」を目指している中小企業がもとめる本当のニーズをサポートしております。

毎月の月次決算による経営数字からのアドバイス、事業資金の融資・資金調達支援コンサルティング、キャッシュフロー・コンサルティングの3つのサービスから中小企業の経営に幅広いサポートを特徴としています。

 

よくあるお悩みやご相談

 ✅資金繰りが分かるように会計、財務、予算管理などを構築したい

 ✅会社や事業ののお金がどんぶり勘定で、将来の資金が足りるのか不安

 ✅銀行から融資を受けたいけれど、どのようにしたらよいのか分からない

 ✅試算表は数値ばかりで、どこを見て経営判断に役立てるのかが分からない

 ✅会社の資金の流れが見えずに、先の経営が心配

 ✅今期の決算が赤字だけれど、融資が受けられるか心配

 ✅売上は上がっているのに、利益が上がっていない

 ✅売上価格や割引率の設定の基準を知りたい

 ✅適正な人件費が分からない

 ✅会社のビジョン、方向性を経営の数字から判断したい

 ✅専門家から経営のアドバイスが欲しい

 ✅今後の経営方針、経営計画を立てて意思決定の基準をつくりたい

このようなお悩みやご相談をお持ちの社長や経営者の方々が、自ら最善の解決策を見い出いして行けるように、経営計画を数値化し、計画の立案から実行へと目標実現のための必要なステップを明確化していきます。

 

*東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、関東近県へ訪問対応しております。現在、Zoomによる面談も行っております。

 上記以外のご遠方の方でもご要望に応じて、ご対応を承っております。税務・財務のお困りごとにご相談ください。

月次決算による経営の見える化で「強い経営体質」へ

月次決算は、正確な会計帳簿を作成すること、適正な申告や納税を行うこと以外にも、経営数字に基づいた経営の方向性の判断、経営計画の策定、資金繰りなど会社経営の現状を数値で把握するうえで重要です。

当事務所の月次決算では、グラフや図表を使用して、売上や費用、利益だけを見るのではなく、それぞれの数値を視覚化して比較することで、経営数字のチェック機能にも役立てられ、企業の未来を見据えたシミュレーションが行えます。

売上、粗利益、固定費や人件費、予算やキャッシュフローなど、経営判断を促進するための適切な数値を切り分けて見える化できるようにすること、その数字の読み方や使い方を分かりやすく経営判断に役立てられるようにサポートをしています。

税務のこと、会計のことは難しいとの声も多く聞きますが、月次決算の数字から一緒に分析し、理解しながら数字をもとに経営をしていく、正しい経営へと活かすことができるようにサポートしていきます。

事業資金の融資・資金調達で「強い財務体質」づくり

会社の利益と資金にはズレが生じます。利益が出て黒字でも現預金はマイナスであったり、必ずしも決算で利益が出ているからといって現預金が増えているとは限りません。

また、利益が出てもすぐに支払に必要な資金がないと資金繰りがショートしてしまい会社の財務状況の悪化や、会社そのものの存続が危険な状況に陥る可能性もあります。

この事業資金の流れを毎月のキャッシュフロー計算書を活用して、資金の流れを把握し、会社の事業経営からお金の増え方、増やし方のポイントを明確にしていきます。

必要な事業資金の融資や調達により、会社を「強い財務体質」の強化へとサポートしております。

融資を検討される場合にも、会社が作成する必要な書類の作成や銀行への説明など検討と時間がかかります。

その負担を軽くするためにも、金融機関が貸したくなる会社を目指すコンサルティング、申請が通りやすくなる書類の作成、融資を申し込む際の金融機関への同行などのサービスを提供しております。

創業期の事業資金の融資のサポートも行っています。

 

中小企業庁の経営革新等支援機関として事業計画書の作成等のサポートも行っております。

 

経営数字から、経営のPDCAサイクルの構築

PDCAとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Adjust(調整)」の4つのステップを繰り返していくことで、事業経営に好循環をもららす仕組みです。

具体的には、経営計画を作成し、決定した計画のの実現化させるために現場の仕事へ落とし込んで実行する、実行した結果を毎月作成する「月次決算」で現状の数字をチェック把握し、計画と行動を調整していきます。

その際に、数字に裏付けされた「Plan(計画)」と「Check(評価)」が大切になります。現状の売上、仕入、費用や利益の数値を見ているだけでは好循環は生み出せず、見るべき数字を知ることが重要になります。

「どのくらいの売上をあげればよいのか?」「どのくらいの費用をおさえるべきなのか?」「人件費はどのくらい支払うことができるか?」「今、利益はどのくらい必要か?」「適正な予算はどのくらいなのか?」の判断が行える、数字の見方、読み方が重要になります。

見るべき数字の見方が分かると、経営数字が読めるようになり、最終的には目標となる経営数字から経営計画を立てられて、具体的な実行するべきやるべきことが見えてくるようになります。

PDCAサイクルを構築していくことで、見るべき数字の見方が分かり、読めるようになり、目標の数字として経営の計画に事業経営の好循環につなげていくことができていきます。

 

経営数字を使って、ビジョンの実現、会社の成長拡大へ

経営の結果は数字として現れます。月次決算の経営数字の的確な分析をもとに、経営指標や経営のアクションプランの策定を考え、目指すべき経営計画を確立していきます。

アクションプランは、企画・計画・戦略の実施プランを明確にする計画書の一部です。具体的な施策内容と実施期間を明確にすることで、経営においていつまでに何をやるか行動内容が具体化していきます。

計画だけ作って満足してしまうケースも伺いますが、アクションプランは定期的に進捗を確認し、計画の見直しを行いながら、経営の目標達成に十分か常に認識でき、今何を実行していくかが一見して分かるようになります。

アクションプランの構築は、組織全体の意識づけと経営目標が明確になり、実行へと移すことが可能となります。

中小企業の経営者が経営の意思決定ができるように、何を、どのように経営行動へと移していくか計画の策定から実行までをトータルにサポートしていきます。

また、会社の経営力向上に、数字につよい経営者・幹部・社員を育てることへもサポートしております。

セカンドオピニオンとして

現在の税理士との顧問契約をそのまま継続しながら、経営に関することやキャッシュフローの改善に関するセカンドオピニオンとしてのサービスも行っています。

下記のご要望のある会社や経営者の方々が、セカンドオピニオンのサービスをご利用されております。

✅他の税理士の意見や考えを聞いてみたい

✅記帳や申告だけでなく、経営に関するいろいろなアドバイスがほしい

✅資金繰りや会社の経営状況を知りたい

✅先代からの顧問税理士とのお付き合いが長いため、若い世代の税理士の意見を聞きたい

✅経営数字から会社のビジョンや経営の計画の相談に乗ってもらいたい

✅税務調査での対応を別の税理士に聞いてみたい

このようにお考えの会社や経営者の方へ、スポットでセカンドオピニオンサービスを提供しております。

*現在、財務診断につきましては初回、無料にて承っております。

 

代表の税理士が直接対応します

お客さまへの対応は、代表税理士の大倉が直接対応させていただきます。途中で担当が変わることはありません。

経営のお困りごとやご不安に思われていることを伺いながら、経営の参謀役・社外の財務責任者として、その解決策や将来に向けての計画をお客さまと一緒に考えご提案していきます。

複雑化する税金の仕組みや税務上の判断についても分かりやすく、ご理解いただけるようにお伝えすることを常に心がけております。

また、幅広い年齢層の経営者の方々から多くのご相談内容をお伺いしてきました。世代間ごとでのお悩みを熟知しながら、ご相談への対応も心がけています。

 

お問合せ・初回のご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

043-312-5812

受付時間:9:30~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付中です。