相続・贈与の税務

相続や贈与に関する税務の情報や相続対策における税務トピックをご紹介しております。

お客さまからのお問合せで、ご相談事項の多い相続・贈与関連の税務情報も合わせてご紹介しております。

どうぞご参考にしてください。

相続税の申告と納税は、相続が発生した日の翌日から10ヶ月以内に税務署へ申告書の提出と納税が必要になります。相続後の各種手続きや相続税の申告の流れについて事前に確認することが重要です。

詳細についてご参考ください。

配偶者の税額軽減は、相続税額控除の制度の一つで、配偶者の相続税の税負担を軽減する制度です。

亡くなった人の配偶者が相続した遺産の総額の1憶6,000万円と法定相続分のいずれか多い金額までは、相続税が非課税とされ節税の効果があります。

詳細についてご参考ください。

相続が発生してから被相続人の所得税の確定申告が必要な場合、被相続人の代わりに相続人が行う確定申告を準確定申告といいます。準確定申告は、相続の発生した日の翌日から4ヶ月以内に申告と納税の手続きが必要になります。

詳細についてご参考ください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のサービスページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・初回のご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

043-312-5812

受付時間:9:30~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付中です。